外貨預金とFXの違い

外貨預金ガイド|FXと比較

外貨預金とFXはともに外貨を取り扱う投資法ですが、それぞれ特徴が異なっています。

外貨預金TOP > 違い

外貨預金とFXの違い

外貨預金とFXは、日本円の金利が低迷し続ける現在、どちらも人気の高い投資方法として知られています。

両者とも外貨を扱う投資方法なのでわりと混同されがちですが、外貨預金とFXはそれぞれ特徴が異なっており、まったくの別物です。

この違いを知らずに預金や取引をはじめてしまうと、思わぬ損害を出す原因になってしまうため、外貨預金とFXそれぞれの特徴と違いをしっかり把握しておきましょう。

以下では、外貨預金とFXの違いを表にまとめてみました。

  外貨預金 FX
取扱金融機関 銀行、信用金庫 FX業者、証券会社
預入金額 10万円程度から 1万円から自由に選べる
保証 なし 信託保全制度あり
取引金額 預金そのもの レバレッジの活用により、元金の数倍の取引が可能
手数料 外貨の種類によって異なる。
米ドルの場合、平均手数料は片道1円程度
売買レートで異なる。
米ドルの場合、平均手数料(スプレッド)は0.1円程度
換金 定期預金の場合、期間限定 24時間いつでも可能
取引時間 銀行・信用金庫の営業時間 土日・祝日を除く24時間

それぞれのメリット・デメリット

外貨預金のメリットは、円預金より金利が高く、為替変動によっては為替差益を受け取れる可能性があるところです。

しかし、その反面、手数料が高く、定期預金を組んだ場合、中途解約できないというデメリットがあります。

また、元本保証がないため、金利や手数料によっては元本割れを起こす可能性があります。

一方、FXは外貨預金に比べて手数料が安い上、元本を担保にすることで数倍の取引を行える『レバレッジ』が使えるため、もうけが大きいという特徴があります。

そのぶん損失も大きいのが難点ですが、リスクを回避する方法もあるため、上手に活用すればFXの方がメリットが大きいと言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 外貨預金ガイド|FXと比較 All Rights Reserved.