外貨預金のリスク・デメリット

外貨預金ガイド|FXと比較

外貨預金には、為替変動リスクをはじめ、元本保証が受けられないなどのリスクが存在します。

外貨預金TOP > リスクとデメリット

外貨預金のリスクとデメリット

外貨預金はメリットも多い反面、円預金よりもリスクが高いことで知られています。

外貨預金は投資のひとつですので、デメリットやリスクから目を背けていると、大きな損を被る可能性があります。

そのため、外貨預金をはじめる前には、必ずデメリットとリスクを把握し、慎重に行うようにしましょう。

ここでは外貨預金のデメリットとリスクについて説明します。

1.為替変動リスク

外貨預金をはじめる際、最も注意したいのが為替変動リスクです。

為替レートは外国為替市場の動向により、常に変動しています。

そのため、市場動向によっては元本割れを起こす可能性もあり、資産を増やすどころか損をしてしまうおそれがあります。これを『為替差損』と言います。

為替差損を回避するためには、為替レートを現時点で決めてしまう『為替予約』を利用したり、あるいは再び円安になるまで気長にそのまま待つという方法があります。

そこまで待てないという場合は、日本円への換金を諦め、外貨として海外で利用するという手段もあります。

2.為替手数料

外貨預金では、日本円を外貨に換金し、さらに外貨を日本円に払い戻すことで為替差益を得ることができます。

しかし、日本円→外貨、外貨→日本円と換金する際、一定の『為替手数料』がかかってきます。

つまり、為替レートの変動によって為替差益が発生しても、実際に得られるのは為替手数料を差し引いた額となります。

そのため、為替レートが変動しないうちに日本円に払い戻すと、手数料分を損することになるのです。

為替手数料は金融機関や取り扱い通貨によって異なっており、一般的に、取引量の少ない通貨ほど為替手数料は高めに設定されています。

よって、高金利にばかり目がいくと、為替手数料で思わぬ損を出す可能性があるので、注意が必要です。

3.ペイオフ対象外

日本国内では、金融機関が破綻した際、1人1000万円まで元本とその利息が保護される『ペイオフ制度』がもうけられています。

つまり、1000万円までなら、たとえ金融機関が破綻しても損を出す心配はなく、安心して預金することができます。

しかし、これは日本円に限った制度であり、外貨はペイオフ制度の対象外商品となっています。

外貨預金の金融機関が破綻した場合、預金がすべて戻ってくるという保証はないので、リスクには十分注意を払っておく必要があります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 外貨預金ガイド|FXと比較 All Rights Reserved.