外貨預金とは

外貨預金ガイド|FXと比較

外貨預金とは、日本円を外貨に換え、その差分で利益を生み出す投資方法のひとつです。

外貨預金TOP > 外貨預金

外貨預金とは?

外貨預金とは、日本の通貨(円)を外国の通貨(ドルやユーロ)に換金して預金することです。

近年注目を集めている投資方法のひとつで、日本円で外貨を購入し、為替レートの変動によって差益を得ることができます。

外貨預金は株式投資に比べてリスクが少なく、円預金に比べて金利が高いため、大きなリスクを負わずに行える投資として人気を集めています。

特に現在は国内で低金利が続いているため、少しでも金利の高い外貨預金に注目している方が増えています。

国内の外貨預金の歴史

日本において外貨預金が注目されはじめたのは、1990年代後半のバブル崩壊後のことです。

バブル崩壊により、国内では日本銀行の低金利政策ゼロ金利政策が行われるようになり、円預金の金利はどんどん下降するようになりました。

一方、資産家向け情報誌に外国銀行の広告が掲載されたことから、外貨預金への注目が上昇。

1998年の外国為替法改正によって、すべての国内銀行での外貨預金取り扱いが可能となったことから、一気に外貨預金が普及され、現在に至っています。

円預金との違い

外貨預金と円預金の仕組みは基本的に変わりません。

外貨預金は、円預金同様、普通預金定期預金の2種類があり、普通預金はいつでも入出金OK。定期預金は満期が訪れるまで原則として解約はできません。

では、何が違うのかと言うと、まず円預金と外貨預金では金利設定が異なります。

現在、日本は低金利時代なので、定期預金を組んでもその恩恵は微々たるものとなっています。しかし、外貨預金の場合、金利は日本を離れた外国の景気・情勢に左右されるため、円預金よりも高い金利が設定されている場合があります。

もちろん、これは逆の場合もあり、景気・情勢によっては外貨預金で損を出すこともあります。

そのため、外貨預金を行う場合は、円預金よりもリスクが生じるということを念頭に置いた資産運営が必要となります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 外貨預金ガイド|FXと比較 All Rights Reserved.