外貨預金の税金と確定申告

外貨預金ガイド|FXと比較

外貨預金で得た利息や為替差益には税金がかかってきます。

外貨預金TOP > 税金と確定申告

外貨預金の税金と確定申告

外貨預金は円預金と同じく、獲得した利益に対して税金を支払ったり、確定申告を行う必要があります。

税金は外貨預金で得た利息のすべてにかかるため、利息の額にかかわらず、税率分が自動的に徴収されます。

一方、確定申告は外貨預金で得た『為替差益』の額に応じて行う必要があり、こちらは自分で手続き・申告しなければなりません。

ここでは外貨預金に関する税金や確定申告について説明します。

外貨預金の税金

外貨預金には、円預金同様、獲得した利息に対して20%の税金がかかります。

外貨預金の税金は源泉分離課税となっており、自分で申告・納税する必要のある申告分離課税とは異なり、自動的に税金が徴収される仕組みになっています。

たとえば、米ドルを1ドル=100円の時に、元本を100万円として金利2%の1年定期(為替手数料片道1円)で組んだ場合、100万円=9900.99ドルに換金されます。

ここに金利2%をかけると、利息は198ドルとなりますが、ここに20%の税金がかかるため、198ドル(利息)-39.6ドル(税金)=158.4ドルが実際に支払われる利息となります。

外貨預金の確定申告

外貨預金は上手に活用すると、為替変動によって為替差益を得ることができます。

たとえば、1ドル100円の時に100万円分米ドルに換金して預金し、1ドル110円の時に日本円に換金した場合、110万円となって払い戻されます。この差分10万円が為替差益です(実際は金利・手数料が加味されます)。

この為替差益は雑所得として扱われ、給与所得などと合算されて総合課税の対象となります。

ただ、給与所得が2000万円以下の場合、給与所得以外の所得が20万円以下であれば、確定申告の必要はありません。

逆に為替差損が出てしまった場合、他の雑所得と相殺することができます。この場合、損益通算ができるのはあくまで雑所得のみで、他の所得から差し引くことはできないので注意しましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 外貨預金ガイド|FXと比較 All Rights Reserved.