ジャパンネット銀行

外貨預金ガイド|FXと比較

ジャパンネット銀行は、投資信託やFXによる資産運用や公営競技がオンライン上で楽しめるネット銀行です。

外貨預金TOP > ネットバンク > ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は、取引状況に応じてATM利用手数料や振込手数料が無料になる便利なネット銀行です。

ジャパンネット銀行なら、三井住友銀行をはじめ、@BANKやセブン銀行、イーネット、ゆうちょ銀行など、日本全国で使えるATMが利用可能。

さらに、前月までの預金平均残高に応じて、最大6回までATM利用手数料が無料となるお得なサービスを展開しています。

振込手数料に関しても、同行口座宛なら1回あたり52円とリーズナブル。他行宛の振込手数料も一般銀行より安価となっているため、非常に使いやすくなっています。

資産運用も可能

ジャパンネット銀行では、手持ちの資産を効率よく運用するための投資信託とFXサービスも提供しています。

1万円から手軽にはじめられる『JNB投資信託』は、初心者にもおすすめの投資商品

資産の運用は投資のプロやファンドマネージャーに任せられるので、国内・海外への投資も可能となっています。

また、少額資金で外貨運用できる『JNB-FX PLUS』は、安全の信託保全を完備。

取引自体も、ユーザーの取引スタイルに合わせてカスタマイズできるトレーディングツールを提供しているので、自分に合った取引を行うことができます。

また、ジャパンネット銀行経由で証券会社の口座開設を申し込むと、その後の資金移動がスムーズになるため、とっても便利。証券取引を考えている方にもおすすめのネット銀行です。

公営競技を楽しめる

ジャパンネット銀行の特徴は、競馬や競輪、競艇、オートレースなど、さまざまな公営競技への投票をオンライン上で行えるところです。

ジャパンネット銀行の口座を開設すれば、ジャパンネット銀行の口座から直接入金・投票・払い戻し・精算が行うことが可能。

自宅PCだけでなく、携帯電話から利用することもできるので、外出先から公営競技を楽しむことができます。

他にも、BIGやtotoといったサッカーくじを取り扱っており、ネット上から購入して楽しむことができます。

ジャパンネット銀行 ⇒ジャパンネット銀行の公式サイト

ジャパンネット銀行のスペック

手数料

口座開設料
無料
口座維持手数料
無料
振込手数料(同支店宛3万円未満)
52円
振込手数料(同支店宛3万円以上)
52円
振込手数料(他行宛3万円未満) 168円
振込手数料(他行宛3万円以上) 262円
本人名義のゆうちょ口座への振込手数料 294円
出金手数料

三井住友銀行、@BANK、セブン銀行は3万円以上は完全無料。3万円以下は1回157円。イーネットは1回157円。

いずれの場合も取引状況に応じて最大月6回まで無料。

ゆうちょ銀行は取引状況や時間帯により、105円~367円。

会社概要

会社名 株式会社ジャパンネット銀行
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1
設立年月日 平成12年9月19日
資本金 372億5千万円
ジャパンネット銀行 ⇒ジャパンネット銀行の公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 外貨預金ガイド|FXと比較 All Rights Reserved.